●ボックスフォーメーションでのゾーンディフェンス

  各自が担当のスペース(ゾーン)に対して、責任を持ってディフェンスをする方法です。

  

  担当しているゾーンでは、入ってきた相手選手に対してしっかりと守ります。
  マンツーマンと違って、相手がポジションチェンジしても守備範囲を受け渡せるので
  体力の消耗は少なくてすみますが、危険地域にいる選手については、
  マンツーマンと同じように、しっかりとマークしておきます。
  マンツーマンとゾーンディフェンスを使い分けて守れるようにしましよう。
 

inserted by FC2 system